○ SHARP SAW切削条件の目安
≫超硬ソリッドメタルソーのトラブルと原因対策(PDF 41KB)
 ■切削条件の目安
fz:1刃当りの切削量  0.003mm〜0.020mm
切削速度 V
(周速度m/min)
V=(外径D*3.14*回転数N)/1000
 アルミ合金  300〜1000
 マグネシウム合金  250〜600
 銅合金  200〜750
 炭素鋼  50〜250
 チタン合金  40〜200
 ステンレス合金  50〜200
 鋳鉄  60〜250
 ■1刃当たりの切削量の設定について
小さくする場合 大きくする場合
● 切削ワークの支持剛性、形状的剛性が低い。

● 加工深さが深い。

● 仕上げ面を重視する。

● 刃先がチッピングを起こす。

● 刃厚が薄いメタルソーでの加工の場合。

● フランジに対して刃の突き出し量が多い場合。
● 切削ワークの支持剛性が高い。

● 加工深さが浅い。

● 被削性の良い素材の加工。

● 加工硬化の起こりやすい素材の加工。

● 外周逃げ面の摩耗が大きい。
 ■送り速度の計算方法
 Vf=fz×N×Z   fz:1刃あたりの切削量 N:回転数 Z:刃数
● 切削条件は加工深さ、加工幅、使用機械剛性、加工ワーク剛性などの諸条件により調整する必要があります。

● 超硬ソリッドメタルソーは基本的にはダウンカットでの使用を推奨いたします。(特殊な加工の場合アップカットが良い場合もあります。)

● 機械にメタルソーをセットするフランジは加工深さに対してできるだけ外径が大きく平行度等の精度の高いものを使用してください。

● ビビリ振動がでる場合は1刃当たりの切削量はそのままで回転数、送りを均等に落としてください。

● 切削液は側面部を重点的に潤滑させるよう使用したほうが効果があります。
 ■超硬ソリッドメタルソー取り扱いの御注意
● 超硬ソリッドメタルソー材質の超硬合金は非常に硬度は高いですが衝撃に対し脆い性質があります。

● ぶつけたり、落としたりしますと破損する場合があります。

● 刃先は鋭利ですので素手で触らないようお願いいたします。

● 御使用時は保護めがねなど、保護具の着用をお願いいたします。

● ミーリングアーバーにセットする際、ナットを叩いて締め付ける等の衝撃は与えないよう御注意ください。

● エアーリューターなどのハンドツールでの御使用は危険ですので行わないでください。
       
ページTOP▲
 Copyright (C) 2008 MA TOOL Co.,Ltd. All Rights Reserved. 株式会社エムエーツール 
福井県福井市三尾野町1-1-18 
TEL:0776-33-7580 
FAX:0776-33-7270